SEOを意識したウェブ制作で心がけるべきこととは

ルールに沿ったHTMLを書くようにしよう

SEOを意識したウェブ制作を行いたいという場合、どういったことを心がければいいでしょうか。まず、できるだけ綺麗な、ルールに沿ったHTMLを書くようにしましょう。

HTMLはソフトウェアのプログラムとは少し違い、多少、ラフな書き方をしても「一カ所間違っているから表示不可」という風にはならず、一見、問題ないように表示されます。しかし、サイトの質や内容を判断する検索エンジンのプログラムは、人間のように、「ブラウザで正常に表示されるから問題なし」とは考えず、HTMLをチェックして「書き方が変だから、このサイトは質が低い」という風な判定を行います。そのため、きちんとしたHTMLを書くことが重要なのです。

検索エンジンを騙すようなサイト作りは避ける

SEOを意識しすぎるのもよくありません。たとえば、検索エンジンにアピールしたいキーワードを過剰に盛り込むということは避けましょう。「カードローン」というキーワードを検索エンジンにアピールしたいという場合であれば、以前は、一つのページの中にカードローンという言葉を100も200も配置することでSEOの効果を上げることができましたが、今、同じことをしたらスパムと判断されます。このような、検索エンジンに特化し、ある意味、検索エンジンを騙すようなページを作ると逆効果になるのです。

現在のSEOでは、人にとって価値のあるコンテンツというのがもっとも評価されます。小手先のテクニックでSEOを行うのではなく、誠意を持っていいコンテンツを作ることが、検索サイトでの順位上昇につながります。

コーディングとはプログラミング言語を用いて、プログラムのソースコードを記述する作業のことで、Web制作には欠かせない工程の一つです。