労働者をメンタルヘルスを守るなら!ストレスチェックについて

ストレスチェックはどんな内容なのか

労働安全衛生法が一部改正されたことによって、義務づけられたのがストレスチェックです。労働者のストレス状況について定期的に検査をして、本人に通知することにより自分がどのくらいストレスがたまっているのか気付くことができます。早期にメンタルヘルス不調のリスクがある労働者を見つけることによって、面接指導を行い不調を防止する取り組みとなっています。メンタルヘルスの不調によるリスクを少なくしてチームごとに検査の結果を分析することにより、職場全体のストレス要因を知ることが可能です。職場環境の問題を改善することによって、ストレスの原因を低減させます。

ストレスチェックは外部に委託できる

外部委託によってストレスチェックを依頼することが可能です。業者によって細かい違いがあるので、自社にあったところを選べるようになりましょう。費用を抑えたい場合は、インターネット上でのストレスチェックがあり、マークシートタイプな手軽なものも用意されているのが特徴です。多くの業者はストレスチェックと一緒に、労働者のメンタルヘルスサービスをパッケージにしていることが多いです。どんなサービスが必要なのか、考えてみることをおすすめします。電話や対面でのカウンセリング、研修などサービスはさまざまです。ストレスチェックをする前に研修で労働者に意識付けすると、より相乗効果を期待することができます。まずはチェックの対象となる従業員の数と、検査内容などをシミュレーションしましょう。

会社のストレスはなかなか相談しにくいものですが、定期的にストレスチェックシステムを導入することで社員のストレス状況を把握できて良い環境を作ることが出来ます。