あなたのメッセージは誹謗中書だといわれたら?SNSで揉めた場合の解決法

タレントへの感想を書いたら本人が反応することも

ソーシャルネットワークを使って、テレビドラマやバラエティで見た芸人への感想など、他人の評価をしている人はたくさんいます。ただ、そういった感想の中には誹謗中傷に近いものもあり、タレントが自分を評価した一般人に対して文句をいうことも少なくありません。では、もし、自分が投稿したタレントへのメッセージに対し、タレント本人が「あなたが言ったことは誹謗中傷だ」と文句をつけてきた場合、どういった対応を取ればいいのでしょうか。まず、実際に誹謗中傷に近いことを言ったのか、それとも言っていないのかということは関係なく、そのタレントのファンから一斉に攻撃される可能性が高いです。なので、そのことは覚悟した方がいいでしょう。

謝ったり削除すると相手の言い分を認めることになる

ただ、「誹謗中傷だ」といわれたからといって、すぐに該当するメッセージを削除した方がいいのか、あるいは謝った方がいいのかというと、そうとはいえません。というのは、削除をしたり謝ってしまうと、誹謗中傷したことを認めると受け取られかねないからです。なので、もしよくない点があればそれを認めつつ、様子をみましょう。第三者が誹謗中傷だとされたメッセージを見て、ほとんどの人がそうではないと感じた場合、タレントの過剰反応ではないかということで収まることも十分あり得ます。もし、タレントに対して悪意を持ってメッセージを送りつけた場合は、速やかに謝った方がいいです。それでも攻撃をやめないファンがいる場合は、別にアカウントを取って、そちらで活動するようにしましょう。

SEOは検索の最適化の事で一般的には検索結果の上位に表示させることを指します。では逆SEOとは検索結果の上位に表示させない事で、誹謗中傷などを目だなくすることです。