犯罪防止のためにもプライバシーはしっかり保護しよう!

プライバシーが犯罪に…

プライバシーは自分だけのものですよね。例えば、マイナンバーとか各種カードの登録情報などが挙げらえます。その他にも身長や体重なんかも個人の情報ですね。テストの答案用紙などの点数や成績なんかもそうです。こうして考えるとプライバシーは、人に教えるものではないし、勿論失くしたりしてもいけません。個人情報というものは、なくならないようにしっかり保護管理すべきですよ。プライバシーが紛失してしまうと、それらの情報が犯罪に使われる可能性があるからです。

プライバシーはなるべく持たない!

そもそもプライバシーがないというなら、落とすことも失くすこともありませんから、それを盗まれたりすることもあり得ませんよね。ですからプライバシーというものをたくさん持っている人ほど、プライバシーに対して気を使うことになります。クレジットカードをたくさん持っていると便利かもしれませんが、失くしたり盗まれたりする確率も高くなります。プライバシーを保護することはとても重要なことですが、プライバシー自体を作らないようにする方が賢明ですね。

むやみに処分すると大変なことに…

ポストに投函される郵便物には、どう考えて不必要に思えるものもあると思います。例えば、買う気など全くない商品のダイレクトメールなどは、ほとんど価値のない郵便物かもしれません。そうした郵便物であっても安易に捨ててしまうと、情報が漏洩してしまうんです。ダイレクトメールには自分宛てに書かれた住所と名前が記載されていますから、それだけでもプライバシーに値するものなんです。郵便物には念には念を入れて、シュレッダーを使用して処分するべきでしょう。

シュレッダーで裁断できるのは書類だけではありません。CDやプラスチックのカードといったものも処理することができます。