労働者をメンタルヘルスを守るなら!ストレスチェックについて

ストレスチェックはどんな内容なのか

労働安全衛生法が一部改正されたことによって、義務づけられたのがストレスチェックです。労働者のストレス状況について定期的に検査をして、本人に通知することにより自分がどのくらいストレスがたまっているのか気付くことができます。早期にメンタルヘルス不調のリスクがある労働者を見つけることによって、面接指導を行い不調を防止する取り組みとなっています。

メンタルヘルスの不調によるリスクを少なくしてチームごとに検査の結果を分析することにより、職場全体のストレス要因を知ることが可能です。職場環境の問題を改善することによって、ストレスの原因を低減させます。

ストレスチェックは外部に委託できる

外部委託によってストレスチェックを依頼することが可能です。業者によって細かい違いがあるので、自社にあったところを選べるようになりましょう。費用を抑えたい場合は、インターネット上でのストレスチェックがあり、マークシートタイプな手軽なものも用意されているのが特徴です。

多くの業者はストレスチェックと一緒に、労働者のメンタルヘルスサービスをパッケージにしていることが多いです。どんなサービスが必要なのか、考えてみることをおすすめします。電話や対面でのカウンセリング、研修などサービスはさまざまです。ストレスチェックをする前に研修で労働者に意識付けすると、より相乗効果を期待することができます。まずはチェックの対象となる従業員の数と、検査内容などをシミュレーションしましょう。

会社のストレスはなかなか相談しにくいものですが、定期的にストレスチェックシステムを導入することで社員のストレス状況を把握できて良い環境を作ることが出来ます。

何よりもデザインが重要!リピーターを増やせるホームページ案

興味を引くホームページデザインの具体例

多くの人の目を引きつけることのできるホームページデザインというものは確実に存在しています。具体的にどうすればいいのかは、ある程度明確になっているので知っておきましょう。まずは、フォントにこだわるのが正解ですよね。美しいフォントや珍しいフォントを使うだけでも、他のホームページとの差別化を図ることができます。滑らかなフォントを使えば、それだけでも高級感を演出できます。お金がかかっていそうなサイトは、それだけでも見ていて楽しいですから、フォントには注意しましょう。また、いい画像をたくさん使うのも、高級感アップには繋がります。細かい部分まで手を抜かないのが、リピーターを増やすコツです。

スマホからでもしっかり見れるかはチェックを

最近はパソコンだけではなくて、スマホからでもネットにアクセスする人が増えました。特に若い世代をターゲットにしているなら、スマホからどのように見えているのかはチェックしておくべきでしょう。場合によっては、スマホ専用の画面を用意しておくといいかもしれません。これからはどんどんスマホ率が高くなっていくはずです。現状でも半分ほどの人はスマホから閲覧しているはずなので、この部分は決して疎かにはできませんよね。

高齢化で変わるホームページデザインの主流

高齢者もネットをするようになりました。日本の人口の四分の一ほどが高齢者なのですから、これからホームページデザインをするなら、そうした人のことまで考えて作る必要がありますね。老眼の人にでも見やすいように、文字を大きくすることは必須でしょう。リンクが分かりにくいのもいけません。シンプルで分かりやすく、読みやすいホームページにすれば、リピーターも増えるはずです。

レスポンシブデザインとは、閲覧する媒体に合わせて最適なデザインに変わるウェブページの構築方法です。パソコン用では横長に配置されていた情報がスマホでは縦長になるといったギミックがあります。