iPhoneユーザー必見!ガラス交換修理のマメ知識!

キャリアや公式店以外でも修理を受付している?

iPhoneの故障で中でももっとも多いといわれているのが、液晶部のガラス破損です。折り畳み式のガラケーとは違って常にガラスがむき出しの状態ですので、当たりどころが悪ければちょっとした衝撃でヒビが入ってしまうことも珍しくはありません。そして、ガラス交換のような使用に差し支える故障をしてしまった場合、多くの人がキャリアや公式店に修理の相談をしに行くと思いますが、実はiPhoneの修理は公式の店舗以外でも行っています。

修理費用は店舗によって大きく異なる

前述したように、公式の店舗以外にもiPhoneの修理を行っている業者は数多くありますが、修理の際にかかる費用は一律ではありません。したがって、できるだけ安く修理したければ慎重な店舗選びが必要になってきます。また、機種によって料金は違うということも事前に理解しておくべき項目です。修理料金をホームページで公開している店舗は非常に多いので、来店する前に一度インターネットで検索してみるのもよいかもしれませんね。

交換するより買い替えた方が安いこともある?

自分ではガラスが破損しただけと思っていても、いざ修理に出すと違う部分の不具合も見つかって交換箇所が増えてしまったという声も稀に聞かれます。しかし、これは決して珍しいことではありません。現にガラスが破損したときの衝撃が強ければ、目に見えてはいなくても内部まで破損していることはあるのです。また、ガラスが破損している状態ではちょっとした水分も内部に入り込んでしまう危険性が大幅に増すため、水分の内部混入には十分に気をつけておきたいところです。ガラス交換以外の修理もプラスになってしまうと、場合によっては新しい端末を購入したほうが安くなってしまうことすらあるため注意しておきましょう。

iPhone修理を依頼する場合には、手際よく直してくれる業者を選ぶべきです。作業が迅速な業者を利用すると、その日のうちに再び使えるようになります。

個人でもできる!通信販売の運用を始める方法

通信販売で始める個人事業

通信販売業は個人事業として気軽に始めることができるサービスの一つです。売りたい物を手に入れる流通経路を確保し、それを売るためのホームページを作ることが必要な準備になります。事業として行う上では個人事業主としての申請も必要になるため、事務所を用意しなければなりません。その事務所の住所を登録することにより個人事業として展開することが可能になります。商品の確保さえできてしまえば、後はホームページを積極的に宣伝すれば利益を得ることは可能です。検索によって見つけてもらえるようにSEO対策を行い、リスティング広告や動画広告などを利用して宣伝を行い、ショッピングモールサイトなどに出廷して広く営業活動を行うと利益が上がっていくでしょう。

通信販売を運用する上での注意点

通信販売を営むときには販売者の情報についてホームページに記載することが義務付けられています。どのような人が運営しているのかを記載しておかなければなりませんが、連絡先として住所や電話番号、メールアドレスが必要です。個人事業として起こしやすく、自宅を事務所として個人事業主になることもできますが、この方法を選んだときには注意しなければなりません。自宅の住所や電話番号を公開しなければならなくなるからです。もし通信販売でトラブルが起こったときには自宅にまで苦情が殺到するリスクがあります。その状況に陥らないために別に事務所を用意しておいた方が無難です。バーチャルオフィスも利用することを検討すると良いでしょう。

購入の際、ネックになってくるのが通販のパッケージです。通販で購入した際は、何が入っているかわからないようにパッケージされているので周りを気にせず安心して受け取ることができます。

ITアウトソーシングを活用するメリットとは

コールセンターサービスを外注するメリット

コールセンターサービスを専門とする業者に業務の一部を外注することによって、営業や事務の担当者の仕事量を減らすことができ、業務の効率化を図るうえで大きなメリットがあります。特に、優秀なオペレーターが在籍しているコールセンターの取り組みに関しては、ビジネスや経済に関する情報誌などで度々取り上げられることが増えています。そこで、コールセンターサービスの実績のある業者を見極めるうえで、早いうちに資料を請求したり、おおよそのコストの見積りを出してもらったりすることがおすすめです。もしも、コールセンターサービスの利用シーンに関して迷っていることがあれば、カスタマーサービスが徹底している業者に問い合わせると良いでしょう。

セキュリティやデータベースの管理を適切に行うには

ITアウトソーシングを効果的に利用することで、セキュリティやデータベースの管理を適切に行ううえで大きな役に立ちます。特に、有能なエンジニアが揃っているIT関連企業のサービスの内容や料金体系について、日ごろからじっくりと把握をすることで、各企業のニーズに合ったサービスを依頼することが可能となります。また、企業内で扱っているセキュリティやデータベースの管理の仕方に関して迷っていることがあれば、トータルサポートが行われているIT関連企業の最新の実績に目を向けることが肝心です。その他、依頼内容によってはITアウトソーシングのコストが高額になることがあるため、必要最小限の外注にとどめることがポイントです。

運用監視業務とは、サーバーの運用が正常に行われているか監視するお仕事です。主に3つの業務があり、死活監視・ハードウェア監視・トラフィック監視があります。

サーバーをレンタルするとドメインが無料でついてくるサービスのメリットデメリット

サーバーを解約するとドメインも使えなくなるかも

ドメインの取得法の一つに、サーバーをレンタルするとドメインの無料取得オプションがつくサービスと契約するというものがあります。こうしたサービスを使うと、実質的にサーバーのレンタル代のみでドメインの費用もまかなうことができるので、サーバー代とドメイン代を別々に払う場合と比べるとお得です。ただ、こうしたサービスと契約する場合、いくつか注意しなければならないことがあります。まず第一に、サーバーのレンタル契約を解除すると、ドメインも使えなくなることがあるという点です。サーバー会社からすると、サーバーに無料のドメインをつけるのは、セットで使わせることで客にできるだけ解約させないようにするという期待があります。もし、サーバー解約後にドメインを自由に使われてしまうとセットにした意味がありません。なので、ドメインを使えるのは自分の会社のサーバーを使っている間だけという制限を課すのです。

ドメイン契約者がサーバー会社になっている場合

第二の注意点として、ドメインの契約者が自分ではなくサーバー会社になることがあるという点が挙げられます。その場合、サーバー会社の都合でドメインが使えなくなることが起こりえます。たとえば、サーバー会社がドメインの更新を忘れてしまい、使えなくなったといったケースです。こうなってしまうと、サーバーを使い続けているのに、取得したはずのドメインを失ってしまい、別のドメインの変更しなければならないということがあります。上記のようなトラブルを避けるために、サーバーとドメインは別々に契約した方がいいでしょう。

かつてレンタルサーバーとは、付加サービスが多いほど月額が高いものでした。しかし、競争激化などによって低価格化が進み、現在では月額500円であっても様々な付加価値がついた良いサーバ会社が多数あります。

労働者をメンタルヘルスを守るなら!ストレスチェックについて

ストレスチェックはどんな内容なのか

労働安全衛生法が一部改正されたことによって、義務づけられたのがストレスチェックです。労働者のストレス状況について定期的に検査をして、本人に通知することにより自分がどのくらいストレスがたまっているのか気付くことができます。早期にメンタルヘルス不調のリスクがある労働者を見つけることによって、面接指導を行い不調を防止する取り組みとなっています。メンタルヘルスの不調によるリスクを少なくしてチームごとに検査の結果を分析することにより、職場全体のストレス要因を知ることが可能です。職場環境の問題を改善することによって、ストレスの原因を低減させます。

ストレスチェックは外部に委託できる

外部委託によってストレスチェックを依頼することが可能です。業者によって細かい違いがあるので、自社にあったところを選べるようになりましょう。費用を抑えたい場合は、インターネット上でのストレスチェックがあり、マークシートタイプな手軽なものも用意されているのが特徴です。多くの業者はストレスチェックと一緒に、労働者のメンタルヘルスサービスをパッケージにしていることが多いです。どんなサービスが必要なのか、考えてみることをおすすめします。電話や対面でのカウンセリング、研修などサービスはさまざまです。ストレスチェックをする前に研修で労働者に意識付けすると、より相乗効果を期待することができます。まずはチェックの対象となる従業員の数と、検査内容などをシミュレーションしましょう。

会社のストレスはなかなか相談しにくいものですが、定期的にストレスチェックシステムを導入することで社員のストレス状況を把握できて良い環境を作ることが出来ます。

何よりもデザインが重要!リピーターを増やせるホームページ案

興味を引くホームページデザインの具体例

多くの人の目を引きつけることのできるホームページデザインというものは確実に存在しています。具体的にどうすればいいのかは、ある程度明確になっているので知っておきましょう。まずは、フォントにこだわるのが正解ですよね。美しいフォントや珍しいフォントを使うだけでも、他のホームページとの差別化を図ることができます。滑らかなフォントを使えば、それだけでも高級感を演出できます。お金がかかっていそうなサイトは、それだけでも見ていて楽しいですから、フォントには注意しましょう。また、いい画像をたくさん使うのも、高級感アップには繋がります。細かい部分まで手を抜かないのが、リピーターを増やすコツです。

スマホからでもしっかり見れるかはチェックを

最近はパソコンだけではなくて、スマホからでもネットにアクセスする人が増えました。特に若い世代をターゲットにしているなら、スマホからどのように見えているのかはチェックしておくべきでしょう。場合によっては、スマホ専用の画面を用意しておくといいかもしれません。これからはどんどんスマホ率が高くなっていくはずです。現状でも半分ほどの人はスマホから閲覧しているはずなので、この部分は決して疎かにはできませんよね。

高齢化で変わるホームページデザインの主流

高齢者もネットをするようになりました。日本の人口の四分の一ほどが高齢者なのですから、これからホームページデザインをするなら、そうした人のことまで考えて作る必要がありますね。老眼の人にでも見やすいように、文字を大きくすることは必須でしょう。リンクが分かりにくいのもいけません。シンプルで分かりやすく、読みやすいホームページにすれば、リピーターも増えるはずです。

レスポンシブデザインとは、閲覧する媒体に合わせて最適なデザインに変わるウェブページの構築方法です。パソコン用では横長に配置されていた情報がスマホでは縦長になるといったギミックがあります。