新卒と中途採用の新人研修!どのように区別して行う?

企業精神の教育とマナー教育

新人研修の内容は大別すると企業精神に関わる教育と社会人としてのマナー教育に分けることができます。これに加えて配属される現場ごとに個々の事情に合わせた研修が組まれているのが一般的です。毎年同じ年度初めに入ってくる新卒の新人に関してはまとめて教育を行うことができますが、中途採用については必ずしも年度初めに入るとは限らないでしょう。他で働いてきた経験もあることから同じ内容の研修が適しているわけでもありません。そのため、両者を区別して行うことが重要になりますが、通常は切実な悩みになりやすいのが中途採用の研修です。人数も少ないことが多いことから効率的に低コストで行う方法があればそれが望ましいでしょう。

共通部分をeラーニング化して対応

新卒と中途採用の新人教育に関して共通部分をeラーニング化するのは効率的な対応方法です。マナー教育に関しては新卒だけに必要なものであり、全員を集めて研修を行う意味があるでしょう。実践練習も含めて行うことで企業人として差し障りのないマナーを身につけさせることが可能です。一方、企業精神の教育については両者に共通して必要なものであり、個々の現場での基本教育も共通するものでしょう。これらはeラーニング化しておけばどちらの場合にも特別に人材やコストをかけなくても研修を行えるようになります。このような形で社員研修を行っていくシステムを構築すると研修にかかるコストを削減できるだけでなく、全体の効率を上げることが可能です。

仕事に慣れた人が、新しいことを勉強させる目的、新人として入社した社員に業界のいろはを指導するために行うことが社員研修です

コストを抑えて使う!クラウド会計ソフトを選ぶコツ

従来型のソフトとの違い

従来型のパッケージソフトは、パソコン内に導入して使うため、ある程度の性能が求められる場合があり、OSの種類やOSのバージョンも限定されることもあります。クラウド会計ソフトは、インターネットを通じて使うので、ブラウザのバージョンはなるべく新しい物が良いと考えられますが、パソコンの性能やOS等については多少融通が利くでしょう。システムを使って業務を行うので、更新管理はメーカー側で自動でしてもらえますが、メンテナンス中は使えないことがあります。毎月の利用料金が発生しますが、一般的なプランの場合は、数百円~千円前後の価格で済むことが多く、初期費用やランニングコストが抑えられるのが特徴です。

無料試用期間を利用する

より良い会計ソフトを選ぶのに、利用者の評判や口コミを聞いても、自社に合うとは限りません。クラウド会計ソフトでは、たいてい1ヶ月程度の無料試用期間を設けています。電話でのサポートサービス等の上位会員のプランを試せる場合もあります。一口にクラウド会計と言っても、仕訳が簡略化された簿記の知識のない方向けのソフトもありますし、税理士が本格的に監修した従来の複式簿記で入力するタイプまで色々です。企業規模に合わせてプランを選べますので、使ってみて確認するのが最良の策です。

オプションの機能も参考にする

クラウド会計ソフトには、オプションで給与計算や人事管理の機能や、請求書や領収書の発行機能を付けられ、統合型ソフトとしても使える物もあります。また、提携している税理士を紹介し、顧問契約を斡旋している場合もありますので、業務の拡張を検討しているなら、オプションの豊富さから選択するのもいいでしょう。

クラウド会計とはクラウド上にデータを保存できるためソフトウェアを購入する必要がなく、会計処理を快適に行えるシステムのことを言います。

スマホって壊れやすい…だからこその対策を考えよう!

壊れやすいものだからこそ…

一番使うものをイメージするなら、やっぱりスマホですよね。街を歩く人もそうですし、バスや電車を待っている時なんかもスマホを使っている人を見かけます。暇つぶしにゲームもできるし、仕事の連絡にだって使えますから、スマホの使用頻度というものはとても高いんです。でも日々使うものになればなるほど、壊れたり壊してしまったりするものです。スマホは常に使うものであるからこそ、その故障も多くなるわけです。そこで今回は、スマホを壊さないためにはどんな対策を取ればいいのか考えてみましょう。

よくある故障の原因は何?

壊れたら困るものは、何らかの対策を取るべきですよ。大切なものは壊さないようにしようとする意識が高くなりますよね。スマホは精密機械であり、パソコンと同じような機能を持っています。スマホの中には大事な個人データが入っているはずですから、壊れてしまうとそのデータも喪失してしまいます。よくある故障の原因としては、落下によるガラスの損傷やトイレや浴槽などでの水没が挙げられます。高いところから落としたり、水没させてしまうことにより、内部のデータを失ってしまった人は数知れないでしょう。

壊れないための対策!

壊れてしまった場合は、修理に出すしかありません。水没したスマホも運が良ければ直るかもしれません。落としたことで割れてしまった画面なんかも、直せるものもあれば直せないものもあるでしょう。壊れてしまったスマホは修理するか買い直すかしかないのです。水没対策としては、スマホに防水加工を施すといいですよ。専用のカバーを取り付けておけば、落とした時の衝撃を吸収することができますよ。

スマホ修理は、ディスプレイのガラスが割れてしまった場合などの簡単な修理であれば、即日対応可能なショップが多くあります。

あなたのメッセージは誹謗中書だといわれたら?SNSで揉めた場合の解決法

タレントへの感想を書いたら本人が反応することも

ソーシャルネットワークを使って、テレビドラマやバラエティで見た芸人への感想など、他人の評価をしている人はたくさんいます。ただ、そういった感想の中には誹謗中傷に近いものもあり、タレントが自分を評価した一般人に対して文句をいうことも少なくありません。では、もし、自分が投稿したタレントへのメッセージに対し、タレント本人が「あなたが言ったことは誹謗中傷だ」と文句をつけてきた場合、どういった対応を取ればいいのでしょうか。まず、実際に誹謗中傷に近いことを言ったのか、それとも言っていないのかということは関係なく、そのタレントのファンから一斉に攻撃される可能性が高いです。なので、そのことは覚悟した方がいいでしょう。

謝ったり削除すると相手の言い分を認めることになる

ただ、「誹謗中傷だ」といわれたからといって、すぐに該当するメッセージを削除した方がいいのか、あるいは謝った方がいいのかというと、そうとはいえません。というのは、削除をしたり謝ってしまうと、誹謗中傷したことを認めると受け取られかねないからです。なので、もしよくない点があればそれを認めつつ、様子をみましょう。第三者が誹謗中傷だとされたメッセージを見て、ほとんどの人がそうではないと感じた場合、タレントの過剰反応ではないかということで収まることも十分あり得ます。もし、タレントに対して悪意を持ってメッセージを送りつけた場合は、速やかに謝った方がいいです。それでも攻撃をやめないファンがいる場合は、別にアカウントを取って、そちらで活動するようにしましょう。

SEOは検索の最適化の事で一般的には検索結果の上位に表示させることを指します。では逆SEOとは検索結果の上位に表示させない事で、誹謗中傷などを目だなくすることです。

見てもらえるホームページ?!内容も仕掛けも重要!!

最初の印象を良くすること

インターネットが普及して、企業を研究するにしても簡単に検索することができる環境にあります。何でも不明なことがあるとパソコンやスマホで調べると探していた先がヒットして知りたいサイトにたどり着けることができます。そう考えると、何か新しいものを検索する際に最初に出会うサイトの印象が調べているものの印象として残ることになります。

魅力的なサイトであること

例えば会社で忘年会をすることになって一次会の場所を決めることになった場合に、インターネットで検索して条件にあうお店が出てきたときにそのサイトを見た時の印象がそのお店の印象になることが多いのです。印象が悪ければ次のお店へと検索する人が出てきます。そう考えるとどれだけ自社のサイトが魅力あるものにできるかが重要になります。

必要な情報は必ず掲載する

そのため自社のサイトを制作する上で自社がどのような分野の企業であるかを知ることが大切です。飲食店であればいかに料理がおいしそうに見えるか、席が落ち着いた席や騒げるような個室を用意されているとか、食べる人が楽しくなれるようなお店であることをアピールできるスタイルであることが重要になります。

ホームページも見てもらえるような環境に置く

とは言ってもサイトが魅力的でも、検索した時に上位にこないと見れくれる可能性が低いと言えます。そのため魅力的なサイトを制作した後は、そのサイトがヒットしやすいような仕組みを取り入れることが大切です。ホームページ等のサイトは見られてなんぼの世界なので、見られるような環境にすることが一番大切になります。

ホームページ制作に慣れている方は、ドメインを取得して自分で作っても、依頼されても良いでしょう。初めての方は無料サイトのサービスをオススメします。

蛍光灯よりLED照明はおトク?電気代はどうなる?

年間の電気代が半分以下!

LEDは蛍光灯より電気代が安くなると聞いたことはないでしょうか?LEDライトは蛍光灯の半分の電力しか消費しません。LEDシーリングライトは蛍光灯を使用していたときよりも年間あたり5000円弱電気代を節約できます。この理由もあり、現在シーリングライトの主流は蛍光灯からLEDへと移ってきています。

12畳用のLEDシーリングライトの消費電力は約50W、対して蛍光灯は120Wです。 実際に電気代で比較してみると、LEDシーリングライトは1時間あたりの電気代が1.2円、蛍光灯は3.1円です。

年間電気代で比較すると、LEDシーリングライトが約3782円、蛍光灯が約9078円になります。

このようにLEDシーリングライトは大幅に家庭の電気代を節約できるものです。

LEDはトータルでも安い

室内の照明はひと部屋にひとつはついているはずです。各部屋、リビング、キッチン、玄関、洗面所、トイレにお風呂とすべてをLEDに交換するとさらに電気代を節約できます。

値段は蛍光灯よりも高くはなりますが、低価格帯のものでは6000円ほど高価格帯のものでは2万円から3万円ほどです。

この値段を見るとLEDへと切り替えをすると初期費用がかかると思うかもしれません。ですが、ランニングコストは減るので、トータルするとLED照明に取り替えたほうが電気代は節約できます。

また、LEDは長寿命というところも長所です。蛍光灯は約13000時間、一方LEDは約40000時間と蛍光灯に比べると約3倍も寿命があります。

みなさんも蛍光灯が切れた場合は、電気代を節約するためにLEDへの切り替えを検討してはいかがでしょうか。

ledパネルは、明るく目立つのでお店の看板として使うことができおすすめです。どこでも取り付けることができ省エネで長寿命です。